2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英語の土曜補習の長文

すごく感動した


やっぱり英語の文章自体を読んでもらう方がいいんだけど、
さすがに長すぎる長文なのでここに書くのは困難・・・
とりあえず要約だけでも書きたいと思います。

ただ和訳を書いただけなので日本語としておかしいところもありますけどご勘弁。
あと主語が分かりづらいかもしれませんが、そこもご勘弁願います。




ベトナムの小さな村のキリスト教の宣教師が運営する孤児院に爆弾が落ちた。

宣教師と1,2人の孤児が即死、8歳の小さな女の子を含む複数の孤児が負傷した。

村の人々は隣接するアメリカ軍にコンタクトの取れる町に救助要請をした。

その後、アメリカ海軍の軍医と看護師が医療道具一式のみを携えてジープで到着した。

まず、彼らはその8歳の女の子が最も重症であると判断した。

すぐに処置を施さなければ彼女はショックと失血で死んでしまうだろう、と。

緊急の輸血が必要とされ、血液型が一致するドナーが求められた。

急いで調べたところ、2人のアメリカ人の血液型は一致しなかったが、

無事だった孤児のうち数人の血液型が一致した。

医師は初歩レベルのベトナム語を少し話し、

看護師は高校生レベルのフランス語を少し話した。

たくさんのジェスチャーと二つの言語を使って2人は、幼くて怯えている子供達に、

血を彼女にあげなければ彼女は確実に死んでしまうということを説明した。

そして、女の子のために血をあげてもいいという人はいないかどうか聞いた。

はじめ、子供達は目を見開き、黙って聞いているだけだった。

その後、小さな手がゆっくりと、躊躇いがちに挙がり、すぐ降ろされてまた挙がった。

「ありがとう。名前はなんていうの?」看護師がフランス語で尋ねた。

「ヘング」 と返事が返ってきた。

ヘングは直ちに仮設ベッドに寝かされ、アルコールで腕を消毒され、注射針を差し込まれた。

彼はこの恐ろしい経験をしている間、ただ硬くなって黙って横になっていた。

しばらくして、声を震わせてすすり泣く声が漏れ、開いている方の手が素早く顔を覆った。

「ヘング?針が痛いのかい?」医師が聞いた。

ヘングは首を振ったが、しばらくしてまたすすり泣く声を漏らした。

そしてまた泣くのを隠そうとした。

医師が「針が痛いのかい?」もう一度聞いたがヘングはまた首を振った。

しばらくして、ヘングは時折すすり泣くくらいだったのが今では目を硬く閉じ、

泣き止もうと口に拳を押し当てながら、絶えず静かに泣くようになっていた。

医療チームは心配になった。明らかに何かが”極めて”おかしかった。

ちょうどこのとき、ベトナム人の看護師が手伝いに到着した。

彼女はヘングの苦悩を見て、ベトナム語で彼に話しかけ、

彼の言葉に耳を傾け、優しい声で返事をした。

するとヘングは泣き止み、何か聞きたそうに看護師の顔を見た。

彼女が頷くと、ヘングはほっとした表情になった。

看護師は顔を上げてアメリカ人に向かって静かに言った。

「あの子は自分が死ぬと思ったのよ。血をすべて抜かれて。あなた達を誤解していたの。

女の子を助ける為に、血をすべてあげるように頼まれたと思ったのよ。」

「でも、そうだとしたら、どうしてそうしてもいいと思ったの?」海軍の看護師が聞いた。

ベトナム人看護師はヘングにその質問をした。

ただ彼は答えた。

「友達だから」


● COMMENT FORM ●

「友達だから」で感動したのは俺だけじゃないはず。

自分が生きてる意味を考えさせられました。。。

始めまして
感動しました
ただこれが英語で書かれていたことを考えると感動できたかどうかが怖いです。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://newtrino00.blog26.fc2.com/tb.php/180-01c576cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

counter

Author

ik

Author:ik
一言:
私はバリバリのネコ派です。


Negitaku Profille
Steam Comunity

//contact
mail  
tekitou193*gmail.com   *→@

skyp ID  
ik_umi

Twitter
x_ikをフォローしましょう

たまにつぶやきます

 

更新頻度とか

最新記事

最新コメント

Menu

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。